子育て世代の家づくりに大切なこと

結婚や出産が、マイホームやリフォームを考えるきっかけとなる場合は少なくありません。
その為、子育てのしやすさを重視している方も多く、周辺の環境だけでなくお子さんの健やかな成長を育む家づくりを考えるお客様も増えています。こちらでは、子育て世代の家づくりに大切なことを3つご紹介します。

プライバシーとオープンの関係

現在は、お子さんとの理想的な関係を築くことが、大変難しい世の中です。
できることならお子さんが小さなうちから、なんでも話し合えるオープンな関係をつくっておき、思春期などの難しい時期でも良い親子関係が続けられる環境をつくりましょう。

間取りの計画は、より良い親子関係を築く為の重要な空間ソリューションとなります。
例えば、「子供部屋は寝るだけの必要最低限のスペース」とし、勉強や読書、遊びはリビングをはじめとした共有空間で行うことで、共有空間が居心地良く豊かになり、スペースの有効活用にも繋がります。もちろん、物が散乱しないように、収納場所の確保も併せて吟味しましょう。

対面キッチンやリビングの勉強スペース、リビングイン階段、共有の書斎スペース、ライブラリなどを設けることで、家族が一緒に居ることが自然な環境となります。しかし、何から何までオープンでは逃げ場がなくなってしまいますので、「プライバシー」と「オープン」な空間をメリハリつけて配置するようにしてください。

生活・家事動線の十分な検討

家事や生活動線を考える際には想像力を働かせ、家族間で話し合いながら十分な検討を重ねることをおすすめします。もちろん私たちも、空間のプロとして喜んでアドバイスをさせて頂きます。

毎日使うトイレや洗面所などの使い勝手や生活動線。洗濯場と物干し場の距離や使い方。適材適所の収納スペースの確保。ライフスタイルに応じたそれぞれの生活に必要な動線など。そのような生活・家事導線を十分過ぎるほど検討した上での建築が、日々のストレスを生まないことに繋がります。その結果は心にゆとりを与え、家族間を良好な関係へと導きます。

安全な素材にこだわる

お子さんがいらっしゃるご家庭では、アレルギーやシックハウス症候群も心配です。
現在はシックハウス対策や法規制もある為、以前よりも化学物質の含有量は少なくなっています。しかし、基準値以下とはいえ化学物質がゼロではありません。家で過ごす時間が長い小さなお子さんやお母さまは、特に配慮が必要です。

野菜や食品の添加物や農薬に気をつけるように、生活のほとんどの時間を過ごす住まいの空気環境にも配慮しましょう。できる限り化学物質を使わず、天然素材を使うことをおすすめします。天然系の無垢材珪藻土は有害物質や添加物の心配がなく、その上それらを分解してくれる性質を持つ素材もあります。なにより素肌に気持ち良いだけでなく、お子さんの五感を育むのに最適です。

私たちは、お子さんの健やかな成長だけでなく、高齢者の方も自宅でお元気に過ごせるような家づくりにも取り組んでいます。子育て世代はもちろん、高齢者の方も安心・安全に暮らせるマイホーム建築やエコリフォーム、エコハウス、木の家リフォームの建築を承っております。東京都世田谷区や目黒区周辺で天然素材を使ったマイホーム建築や木の家リフォームをお考えでしたら、是非一度ご相談ください。

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー