アーキテクトビルダーと四方良し

最適のプレーヤーを選択するには

大切なすまい・こだわりの新築やリフォームを計画される場合は、自分の志向にあいそうな設計事務所・建築家あるいは工務店に頼む。という選択肢があると思います。家族の大切なすまい・終の棲家として、快適で不安なく住み続けたいと思うのであれば、どんなプレーヤーと組むにせよ一番大切なのは、そのプレーヤーとの「相性」だと思います。

建築家や工務店の実際に造るもの。そして考え方を知ることは大変大事なことです。建築家も工務店いずれもプロフェッショナルとして、専門的な知識や経験をもとに、お客さまを良い方向に導くのが仕事のはずです。しかしながら現実的には、お客さまの為というよりも、自身の作品をつくりたいというタイプも多いですが、その結果はいかがなものでしょうか?

プレーヤーを選択する際には、予算・工期・そして造るものとそのつくる過程。それらの優先順位を是非、じっくり考え、そして伝えましょう。材料の選択・仕事の仕方・予算の設定・工期の設定。それらの考え方が合わなければ、どこかでひずみが生じます。

私たちは自社設計もしくは設計事務所・建築家とフラットな関係でお客さまに臨む、アーキテクトビルダー=設計施工を一貫して行う建築会社というスタンスで「四方良し」という理念に至りました。

『四方良し』という考え方

日本には、江戸の時代から近江商人の【売り手よし】【買い手よし】そして【世間よし】という素晴らしい精神があります。私たちは、この建築の業界で「安全で健康で快適な本物のすまいづくり」という理念を共有する人々と積極的に手を携えています。そしてその精神の根底に「四方良し」という理念に至りました。

建築には、多くの「材料提供者」多くの「施工者」と「設計者」様々なプレーヤーが存在します。一般的には、設計者はお客さまの代理人という立場で設計を行い、施工者はその設計に従い、材料提供者は施工者に従う。というピラミッド的構造になりがちです。もちろん長年の経験の蓄積の結果として機能的効率的なシステムとして確率したものでしょう。しかしながら、私たちはその構造から生じる問題や違和感を感じることも多く経験をしてきました。

私たちは、住まいづくりに関わる全てのプレーヤーが、お互いの顔が見え、フェアで互いに尊重しあえる関係になるようにしたい。と願っています。飲食の世界でも、人気のシェフは自ら産地に赴き、つくり手の想いや苦労を知り、素材の力を伝える努力を惜しみません。

建築の世界でも、設計者や施工者は、真摯で愚直な生産者に敬意を払い、先人の知恵や技術を継承しながら、あくなき探究心から新しい技術に挑戦します。関わる誰もが誠実で取り組むその先に、本物のモノづくりがあります。何より、お客さまにとっては、一生に一度きりの人生の大切なモノづくりです。

携わる人皆がフェアな関係で取り組むことが、命の源の日本の森を元気にし、職人は誇りを取り戻し、日本のモノ作りが未来に繋がります。そして、家族は健康で幸せとなるのだと思います。
「四方良し」。これが私たちのこれからのすまいづくりのカタチです。

自然素材無垢材珪藻土を使ったリフォームを中心に、デザインの設計から施工までを私たちが一貫して行います。私たちアーキテクトビルダーと一緒に、素敵な住まいを造りましょう。東京都を中心に、天然素材を使ったリフォーム・新築などの建築業務を展開しております。他にも、リノベーションなど様々な業務展開を行っておりますので、是非ご利用ください。

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー