ブログ

46 / 47 : First Prev 40 41 42 43 44 45 46 47 Next Last

アーカイブ

木の乾燥について

どんな木を使うか?はもちろん大切な事ですが、その木がどんなヒトによってどのように流通されているかは、もっと大切な事です。その中で乾燥がどのようにされたかも、重要なことです。

木材乾燥といっても、乾燥の方法は人工乾燥、天然乾燥、古民家の知恵を利用した燻煙乾燥や、更には過熱蒸気を利用したものなど様々でそれぞれ一長一短の特性をもち、一概にどれが正しく良いという判断は出来ません。

しかしながら、施工側の都合やコストが優先して、「木」本来の特性を失ってしまったり、将来的な安全性にかかわる問題が懸念され事もあるようです。

高温短期間で乾燥する人工乾燥は、一般的に表面が黒くなりますが表面割れや反り暴れがないので、プレカット・金物工法に適し、乾燥方法の主流になっています。

一般的な人工乾燥は、重油で、高温短期で表面を乾燥させるので、木材の芯まで乾燥しない為、時間経過と共に中心から割れてくるという、内部割れが生じる場合があるようです。

木材の強度にかかわる内部が割れてくるという事は、将来的な構造の安全性にもかかわる事になります。そして人工乾燥の材は触ってみると、表面がぱさぱさして、水分も油が抜てしまっている場合もあります。

ローコストで、短期間で家を作りたい。という場合には、人工乾燥・プレカット・金物という工法は最適ですが、家を安全に長持ちさせたいという場合、材木の素性については十分留意が必要かと思います。

時間をかけて内部まで自然乾燥した天然乾燥材は、自然に表面が割れてくる干割れ(ひわれ)が生じますが、この表面の割れは、材木の強度には影響しないといわれています。

背割りといって、あらかじめ柱や丸太に切れ目を入れるものもありますが、狂いや反りを防ぐ為の、材木を扱う古くからの知恵です。

本来であれば、丸太を使えば反りやあばれの問題はないのでしょうが、すべてに丸太を使うということも中々、現実的ではないようです。

天然乾燥は、手間も時間もかかり、またお天気に左右されるので、ばらつきが生じるというデメリットもありますが、コスト的には、重油を使う人工乾燥と同じ位のコストで入手が可能です。

 

国産材を積極的に使う事は、言い換えれば杉材を使うという事になります。繊維が強く、夏目と冬目の差が大きい杉材は、狂いや反りが大きい樹種で、大工さん泣かせの材です。

日本の森林を活性化させることは、木材の乾燥技術を磨くことであると、様々な木材乾燥技術も研究され、効率的で安全性が高く、施工性の良い乾燥技術が生まれてくることには期待したいところです。

現状では、 負荷が少なく安全性の高い、天然乾燥の材を、経験を積んだ大工職人の、木を見る目と刻みの技術に勝るものはないと思います。

戦後の日本の家は30年の寿命といわれていたのが、にわかに200年住宅構想により、長寿命の家づくりが提唱されています。

林業の生産者の方が、今まで人工乾燥材でなくてはいけないといわれていたのが、天然乾燥でなくてはいけないと、行政の方針が方向転換されることに、戸惑いを感じているという方もいらっしゃいました。

手間や時間をかけ高価な材料を使えば、安全安心な家が手に入るのでしょうか?それでは一部の人の手にしか手の届かないものでしょう。

確かな技術とマネージメント力、そして、適正な材料を選ぶ力があれば、安全安心で快適な家が適正価格で手に入る。という事を真剣に取り組むこと。そして消費者もそういった施工業者をきちんと見極める為の情報なり、判断力が必要ではないかと思います。

コストと安全性と耐久性。

この3つが納得できるように、成立させられれば家つくりは成功でしょう。私たちは、その実現の為に労を惜しんではいけないと思います。

 

木の乾燥について00.JPG

上が天然乾燥の杉。下が高温短期乾燥の人工乾燥の杉。杉は赤身と白太で色の違いのある材ではありますが、産地が同じ杉でも人工乾燥の黒っぽさはまた特有です。

木の乾燥について01.JPG

 

 

向かって左の天然乾燥材には表面の干割れがありますが、この割れは強度には影響がありません。

右側は、天竜産の杉の人工乾燥材。表面には割れがなく、まっすぐですが、強度に影響がある内部が割れています。

 

木の乾燥について02.JPG

 

大工は一本一本の材木をみて、何年も先の木の曲がりや反る方向を読み、どの部位にどのような使い方するかを考えます。

 

木の乾燥について03.JPG

 

24ケ月天乾と記載されています。

 

木の乾燥について04.JPG

 

背割りの入った芯持ち材。詰まった目が美しい。

 


 

 

リクルート

 リクルート.gif

リフォームラボ株式会社

info@reformlab.jp

国産か輸入かという選択

 

国産か輸入か00.JPG

 

地産地消の視点から、そして日本の気候風土で育った国産の材を使うことが、家の健康の為にも良い事だと思います。

日本の森を再生するという意味でも、積極的に国産の材を使うことは大切です。

国産材を積極的に使うことは山を活性化し、間伐を行うことで、森が健全となり多様な生態系を形成し、川や海を豊かにします。 

成長する木はCo2を吸収固定するので、温暖化の防止につながり、未来への責任を果たす為にも、国産材を使うことは、大切なことです。

 

 

しかし、国産材にもピンきりがあり、輸入材にもピンきりがあります。

すべての国産材が良いというわけでもなく、またすべての輸入材が良い、あるいは悪いというわけでもありません。

量産工業化住宅で特に重用されるホワイトウッド(オウシュウトウヒ等)の白蟻被害の問題等は、看過してはいけないでしょう。

 

コストや、施工側の利便性の追求から、木を皆伐しているロシアや中国の山は、近い将来禿山になってしまうのでは、という懸念があるという話も聞かれます。

 

木材の健全な生産・輸出に力を入れているカナダ栂は、樹齢100年以下の木は伐採せず、厳しい管理のもと、高品質の木材を生産流通しています。

良質できちんとした管理の下の製品であれば、必要に応じ輸入材でも使うことに躊躇する必要は無いように思われます。

 

 

風評や一方の話だけを信じるのではなく、時間を惜しまず、生産者や携わる人々と会って話しをし、取り組む姿勢を聞く事がとても大切です。

誠実な志をもっているかどうかは、会って話しをして自分の目で確かめることで、確信になります。

 

 

 

国産か輸入か01.JPG

 

私たちは、新木場の材木市場にお客様を直接お連れすることもあります。最初素人には見分けがつかない沢山の材木も、プロの人の話を聞きながらみていくと、段々違いがわかってきて、引き込まれていくのが面白いものです。
この材木市場はいわば、材木の築地市場で日本の名産地のすばらしい材木が集まっています。しかしながら輸入の人口乾燥材におされ、それらは8割程まで占めているのが現状です。
写真は、吉野の5寸檜の化粧柱を見立ててもらっているところ。

46 / 47 : First Prev 40 41 42 43 44 45 46 47 Next Last

アーカイブ

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー