ブログ

First 1 2 3 4 5 6 Last

アーカイブ

これからのすまいづくりの為「便利に頼る無能の時代から、不便を楽しむ知恵の時代に。」

 

 今から200年ほど前,化石燃料・石油という資源の発見は、
それまでの貧しく過酷で不平等の社会から、平等で、便利で豊かな暮らしをもたらしました。

 
雇用が安定し経済発展をとげ、どこにでも簡単に行くことができ、お金をだせばどんなものでも手に入れることができ、だれもがそれなりの生活をできるようになりました。
 
それとともに、あくなき効率の追及や、競争や変化を追い求める社会は、ストレスや病気、資源・環境問題となり、
 
 エネルギー問題は未来に対する不安となり、真実が見えなくなっている政治・社会への不信感にもなっています。
 
 人類の進歩と革新は、少々行き過ぎてしまったのではないでしょうか?
 石油に頼らない時代の人々の生活が、過酷であったことは否定できません。
 
しかしながら、
 
質素な中でも多くの恵みをもたらす自然と上手に折り合いながり、豊かで平和に暮らしていたのではないでしょうか。
 
 
人間には自然の摂理をきちんと読み、創意工夫する知恵、そしてたゆまなき向上心、あたたかな情があります。
 
少し行き過ぎた時計を戻し、人の叡智を生かしていけば、もっと豊かで快適で、未来に繋がる平和な社会になるのではないでしょうか。
 
 
多様で豊かな森の恵みが川を伝い、海の生き物の養分や棲家となり、海の恵みとなります。
土の中の微生物でさえ、生態系ピラミッドの一部として、自然界を形成しています。
 
どれかがなくなれば、そのしくみはバランスを崩し、恵みはなくなります。
 すべての生き物の亡骸は土となり、次の命を育むゆりかごになります。
 
 
家の素材の先にも、森や川や山があります。
 言い換えるなら、
 
知恵をいかし、日本の森の恵み、そして太陽な風たちと折り合いながら、快適で長持ちし、未来につながる住まいをつくることができます。
 
 
自然の循環の中の一員になり、自然に添って折り合っていく生き方。
 
そんなことを大切に、わたしたちは、住まいづくりに取り組んでいます。
 
「便利に頼る無能の時代から、不便を楽しめる知恵の時代に。」
 

「こしらえる」ということ

造作の仕事

「こしらえる」 「こさえる」という言葉・・・
最近はこんな言葉をあまり使わなくなったかもしれません。
しかし私達の世界では、よく使います。

「このスペースがもったいないから、棚をこさえようか・・・」
「この寸法にあう照明は無いから、こしらえようか・・・」っ等と

大工の仕事は、図面や指示書に沿って、ただ部材を組み立てるだけではありません。

打ち合わせの段階から参加し、お客さまの要望や不満を伺い、また現場の状況に応じて、最良の収まりや、スペースの活用を考えます。

既成の商品では、寸法、素材感、あるいは色味、またデザインのイメージが会わないなどの問題もよく起こります。

そのような場合は、素材やデザインまた寸法あわせなども、お客さまのご予算に応じて、臨機応変に対応をさせて頂きます。

 

材料を無駄にしない。
スペースを無駄にしない。
そして、大工さんの技術を無駄にしない。

これも私たちのエコロジーです。

こしらえるというコト00.jpg

ラボのエコアイテム:ペレットストーブ

 

ペレットストーブ「カローレ」 さいかい産業、古川さんとの出会い

「我が家の冬はツンドラです。」という、伊豆の別荘地にお住まいのS様の最大の悩みは、冬の寒さでした。スエーデン製の高額の薪ストーブが設置されていましたが、いくら薪を燃やしてもちっとも暖かくならないとのことです。

高額の商品でもあり、まず修理を検討し、取り扱いの業者さんに問い合わせをしましたが、恐らく改善は望めないとの返答です。

関東地方とはいえ、伊豆の山間の寒さは、東北・北海道並みで、かなり強力な暖房装置が必要とされます。別荘地の為、エネルギー源の制約もありました。プロパンガスは割高になり、灯油も高騰しています。緑豊かな木々に囲まれた立地から、薪ストーブが候補にあがりました。

燃焼効率が良く、ペレット燃料が使え、部屋の空気を汚しにくい、FFタイプという条件で探した所、新潟のさいかい産業さんのカローレという製品が見つかりました。

さいかい産業さんは、日本で唯一ペレット燃料の生産とペレットストーブの製造をする会社です。そして薪も使えるという点が更にうれしいところです。

地元の放置された森林の間伐から森林を再生したいという志から、試行錯誤を繰り返し、良質の素材を使い、燃焼効率の高い、本格派の信頼出来る製品作りを目指しています。

間伐材を利用して作られたペレットは循環型の木質バイオマエネルギーとして、イチオシのエコアイテムです。

間伐を行うことで、太陽の光が地面にまで届き、森が健全となり多様な生態系を形成し、森を豊かに、その結果は、川や海を豊かにします。

さいかい産業さんのURL

 

 ペレットストーブ00.jpg

 さいかい産業の古川さん

初めて問い合わせをした時に、きさくで熱い志をもった古川さんは 「どこでも行きますよ。」と新潟から100kgを越えるペレットストーブを車に乗せて、300kmを越える距離をはるばる東京まで来て頂き、実際に車に載せたストーブを運転してくださいました。

きりん君

ながーい煙突がきりんのような、グリルヒーターです。

非常時やアウトドアに活躍する、ペレットグリルヒーターきりん君は、一杯のペレットで約1時間燃焼し、バーベキューなどのグリルとして、またアウトドアのストーブとしても、威力を発揮します。

さいかいさんは、新潟中越地震のときに、このきりん君を、被災者に提供されたとのことです。

何より暖をとる手段がない時に、とても喜ばれたことでしょう。

組み立て式で、ペレットさえあればどこでも使えるので、車に積んでおくと良いですね。エコな非常時用・アウトドア用アイテムとして、こちらもおススメです。

 

 ペレットストーブ04.jpg ペレットストーブ05.jpg

ペレットストーブ06.jpg

First 1 2 3 4 5 6 Last

メインページ | アーカイブ | お知らせ »

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー