ブログ

みどりのはっぱのうずまきの家とつっぱりあう木


マークと文字sss.jpg

私たちの会社のロゴは、みどりのはっぱ=自然・天然の、うずまき=循環の家。です。

このロゴは、会社を設立した2005年の春に㈱ウィトンズさんに作っていただきました。
担当の氏家さんは、この業界ではベテランの女性で、とにかく私の話を淡々と聞いてくれました。
「職人の仕事を大切に、森とつながり、持続可能な循環型のすまいづくりやリフォームをしていきたい。」という熱い想いを話したことを今でも覚えています。
 

そして、できあがってきたロゴがこれです。
その時は、胸から熱いものがこみあげてくるようなうれしさでした。
想いをカタチにするというのは、こういうことなのだなぁ。っと

そしてこのロゴは、なかなか評判もよく、「かわいい!」 「気持ちが伝わる」などと言っていただけます。
とある有名な海外のデザイナーさんにも、green sustainable house ! good design と言っていただいたこともあります。
 

googleでは、画像の類似検索というのがあるそうなので、ためしに調べてみましたが、残念ながら同じようなデザインはありませんでした。


「商標登録」をしたらっと薦められることもありましたが、することは無いでしょう。

私たちは小さな会社ですが、すまいづくりに対する想いは、オリジナルです。
その考えに多くの方に共感いただければ、それはたいへんうれしいことです。


今の世の中が、小さくても、想いや志をもって、真摯に何かを生み出すことの、

何からなんでもが、権利・利権やお金を稼ぐ手段になりすぎているような、息苦しさを感じます。もうすこし自由で互いを尊重しあうような社会を取り戻せないものでしょうか・・・

類似ロゴ検索.jpg

そして、天音堂のロゴタイプは、2011年新築を始めてからつくった屋号です。
知り合いの娘さんの「あまね」ちゃんという優しい響きが忘れられず、そして天という字にこだわりがあり、天音堂という屋号にはいろんな意味をこめました。

天音という文字は

自然界で不自然な存在はすべて人間がつくるもの。
その中で、天=宇宙や自然界に添った暮らしやすまいをつくりたい。
見えない存在や音にも謙虚な気持ちで、耳を澄ましたい。

そして私には、「天」という字が、二本の突っ張り合う木に人という字が重なってみえました。
反る木を組みわせて木を組んで住まいをつくるのが本物の大工の仕事。そんな意味もこめてみました。

 


 

 

チルチンびと 地域主義工務店の会

 第一回イベント・集客強化セミナー

 

小林建設
 

チルチンびとのセミナーに行ってまいりました。

私にとっては初めてのセミナーで、緊張していましたが、

皆さんとても良い人たちばかりで楽しく充実した一日を

過ごさせていただき有難うございました。

 場所は群馬県に近い埼玉県北部にある 陽の栖 小林建設さんのすてきなモデルハウス。

とても素敵な家を段取り良くこなし、営業はせず毎週イベントをしている姿勢は驚きの連続でした。

  小林建設3


今回は、地域の工務店が生き残っていくためにはどのようなことが必要か?

第一回のセミナーではイベントに焦点を置き、各会社が行っているイベントの開催方法、成果などを発表して頂きました。

それぞれ、会社の特徴があって面白かったです。有難うございました。

これから、私たちも天音堂らしいゆるーいイベントを開催したいと思います。

                                                         加藤

 

以下kobaken labモデルハウスです。 素敵ですね!

001.JPG068.JPG

« リフォームラボ: 2015年8月 | メインページ | アーカイブ | リフォームラボ: 2015年10月 »

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー