ブログ

< 雑誌をプレゼント そして良いお年を  |  一覧へ戻る  |  微生物と環境のこと その1 パンのカビ実験結果が・・・ >

榊原正三(さかきばら まさみ)さんのこと

SKMBT_C20315123014590.jpg

この10月、榊原さんは天国に行かれました。

これからもっともっといろんなことがしたかったのだろうけど、せっかちな榊原さんは、逝ってしまいました。

2008年、私は国産の木材。天然のままの、すっぴんの木材を探してたどり着いたのが、天竜水窪のTSドライでした。

一緒に行った大工の伊東は、新月かなんだか迷信っぽいなぁ・・・

っとちょっと斜め目線。

新幹線とローカル線を乗り継いで、深い深い隣りは木曽の山の水窪についたのはお昼すぎでした。

初めてお会いした榊原さんは、この動画のように早口で、月齢伐採・葉枯らし天然乾燥材の説明を熱くしてくださいました。そして斜め目線の大工の伊東もこの材の素晴らしさに、惚れ込んだのでした。

http://ytune.pk/watch/749o0o-Jrmo/.html

人工乾燥材も様々ですので、全てが良くないわけではありません。

ただ、本来木材がもっている素材の力を高温乾燥機で奪ってまで、プレカット工場や現場の大工さんが使いやすい、あるいは表面的な見栄えを優先してしまうことは、抵抗があり、できるだけ素の素材が欲しい。ということから、天然乾燥材を探したのです。

2008年当時、木材の話をする榊原さんは、熱く力強かったのですが、60歳の年齢よりは若干お疲れの感じで、「林業はやはり、大変な仕事なんだなぁ。」と思ったものでした。

それから、7年間。

榊原さんは、木材や建築関係に限らず、天然の素材の良さ。月の暦に添い生業をする人たち。大学などの研究者等など、ありとあらゆる縁があれば、日本全国どこにでも駆けつけ、交流を重ね続けました。
そして年を経るごとに榊原さんは、どんどん元気になっていくような印象がありました。

きっと、同じ価値観・志を持つ人たちからの元気や応援を沢山もらったのでしょう。

榊原さんの志は全国の共感する人々に伝播しました。

この7年間で天然素材としての日本の杉のすばらしさは、単に構造材としてだけでなく、天然の精油成分が私たちに心地よさとともに、命をまもり、健康につながることが、科学的に解明しつつあります。

命の源となる森林のかけがえない価値感も、浸透しつつあります。

天国の榊原さん!
私たちは榊原さんの「山にお金を返したい。」「天然素材のすばらしさを伝えたい。」その志を、つなげるよ。

だから見守っていてください。

榊原さんと縁を結んだ木造建築家、落合俊也さん、やましたしんいちさん、瀬野和広さん、松井郁夫さん、三澤康彦さんによる天竜の特集が、住宅建築の今月号にも記載されていますので、是非ご購読ください。

 

jkss.jpg
 

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 榊原正三(さかきばら まさみ)さんのこと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/558

< 雑誌をプレゼント そして良いお年を  |  一覧へ戻る  |  微生物と環境のこと その1 パンのカビ実験結果が・・・ >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー