ブログ

< デッキの素材選びは悩ましい  |  一覧へ戻る  |  無垢の杉のダイニングテーブル >

昭和女子大学の建築学科に無垢の木の仕事を

私たちの材木屋さん小川木材さんの林場に、今年も昭和女子大学の建築科の方たちが来られました。 

先生を筆頭に、皆さん伊東棟梁の説明を一生懸命聞いて頂きました。
今回は、四方蟻と言う今では珍しい刻み方も見ていただきました。

そして、お土産は片面はそのまま、片面はかんなでけずった、無垢材のプチまな板。

かんな削りの表面のすべすべ感、今まで感じたことのない感触、その違いににみなさん大感激!
今ではあまり触れる事の出来ない鉋仕上げ、機械とは一味もふた味も違う、職人ならではの仕事です。

IMG_3360.JPG

IMG_3363.JPG

 

IMG_3365.JPG

 

IMG_3350.JPG

 

 

カテゴリ:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昭和女子大学の建築学科に無垢の木の仕事を

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/535

< デッキの素材選びは悩ましい  |  一覧へ戻る  |  無垢の杉のダイニングテーブル >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー