ブログ

< 完成見学会 沢山の方に来て頂き有難うございました。  |  一覧へ戻る  |  天竜視察 >

無垢を扱うという仕事 無駄とみるか余白とみるか・・・

11226021_862968680441788_7245918306950487510_n.jpgこの写真のベンチは、無垢の杉の「端材」でつくりました。

無垢材は、割れが入ったり、節があったり・・・
製材所さんも、そして大工さんも、それを見越して、余分をみます。

なので、結果的には結構な寸法の半端な材料がでます。
 

無駄が出ないように、きっちり。

という訳にはいかないのが、「余白」となって、こんな素敵なおまけができます。

工業系の住宅メーカーさんは、1円の無駄もださないように、きっちり、きっちり。だそうですが・・・

無垢を扱う職人の仕事だからこそ、こんな無駄を「素敵なおまけ」に変えられることも、悪くないです。

 

 

 

 

カテゴリ:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 無垢を扱うという仕事 無駄とみるか余白とみるか・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/516

< 完成見学会 沢山の方に来て頂き有難うございました。  |  一覧へ戻る  |  天竜視察 >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー