ブログ

< 大森山王の家完成しました  |  一覧へ戻る  |  お寺はなぜ壊れない 木暮人職人倶楽部:・建長寺編 >

F1種と固定種の話

固定種の種

 写真は、野口の種や種の森の種と自家採取した種たち

 

私がF1種・固定種の種のことを知ったのは、

 2009年、曳地ガーデンの曳地トシさんとハルさんが主催するオーガニックガーデンマイスター講座で、野口の種を頂いたのがきっかけでした。

 

その後、野口の種の野口勲さんから伺ったF1種の話は、衝撃的でした。

 

F1種とは一代雑種といわれ、そこからとれた種からは同じ実りを得られない一代限りのものです。

 

実りのない種ですから、
生産者さんは、毎年種を買い、その種に合う化学肥料や農薬を買って生産をするそうです。

 

つまり、循環しない生産をしているのです。
大量生産や流通の都合に合わせて作られたF1種の野菜は、本当の野菜なのだろうか?

 

農薬や化学肥料・ビニールハウスというケミカルの力で生産される、本物の野菜とは似て非なるものを日々私たちは、体にいれているのではないだろうか?

 

そんなことから固定種の種、そして汚れていない土で、野菜をつくることを始めました。

 

固定種とは、旧来からのその土地に根付き、自家採取ができる種のことです。

しろうとの私にとっては、F1種よりも栽培が簡単ではない固定種では、なかなか思ったような収穫は
得られませんが、それでも少しずつの収穫と、野菜本来の味わいは格別のものです。

 

そして自分の場所にあった野菜が根付いてくれるまで、地道にゆっくりと野菜作りに取り組んでいこうと思います。

 収穫した野菜

 

 

カテゴリ:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: F1種と固定種の話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/439

< 大森山王の家完成しました  |  一覧へ戻る  |  お寺はなぜ壊れない 木暮人職人倶楽部:・建長寺編 >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー