ブログ

< 長老を囲む会 第二章 里山とのつながりに心を開くお茶会  |  一覧へ戻る  |  「木暮人倶楽部」(こぐれびとクラブ) >

木の命を頂くこと 天竜 新月の伐採 与作ツアー

 

  tenryu1.jpg


 

 

先週、天竜の新月伐採の与作ツアー に参加してきました。
 

ヒトの手が入った天竜の人工林は、地面まで日の光が入り、下草も青々、
足を踏み入れれば、ふかふかで。

赤池円さんがおっしゃっていた、「日本の人工林の美しさ。」

というのを実感することが出来ました。
 

そして伐採の体験は、もう涙もんです。

きこりの栗田さんが、木の倒れる方向を決め、受け口という切り口を作ります。
何よりこの段取りが大切で、「経験と確かな勘」で、安全に木の倒れる方向を決
めるそうです。


最も危険は仕事の一つのであるきこりさんの仕事。
心がけていることを尋ねると、
 

「慣れないこと」
 

命がけの仕事をする人のことばは、重いです。

よく手入れされた、とてもよく切れるチェーンソーをいれると、私のような手
でもスーと、刃が入ります。

最後に楔をいれハンマーでたたくと、木はゆっくりと、メリメリという音と
ともに、ゆっくりと倒れ、最後にドーンというお腹の底にズシンと響く、大きな
音をたてて倒れます。

「木の命を絶った。」

そんな切ない感慨とともに、
伐った木をキチンと生かし新たな命を繋げることが、この木の命を頂くことに、報いること。

そんな、気持ちが湧いてきました。

食事の始めの「頂きます」というコトバは、
動物や植物の命を頂き、血と肉となることに感謝のコトバと思いますが、

この命を頂いた木が私たちを守り、育て、養ってくれる場を作ってくれるんだなぁ。
という気持ちが、湧いてきました。

一緒に参加した、大工の伊東くんも、「仲間の大工をつれてきたい。」
この経験をすれば、きっと「木を大切に扱うだろう」っと。

 

「この経験をした人たちは、きっとわが家を大切にするんだなぁ。」
 

としみじみ思いました。

伐った後は新鮮な木の香りが森中・私たちを包んでくれて、本当に気持ちの良い森林浴の空間でした。

ちなみに、

高温・短時間で乾燥した人工乾燥の木材は、そこから老化がはじまってしまうそうですが、
 

天然乾燥の材木は、材木になってからも、強度を増していくそうです。
そして生きた年数の倍の年数は、生きるそうです。

森・森の人と繋がることの大切さを実感した、とても貴重な時間でした。
 

天竜tsドライの榊原さん、森下さんをはじめ、スタッフの皆さま、都田建設の皆さま、そして森の恵みに 

感謝!

tenryu3.jpg
 


 

カテゴリ:

コメント(1)

kago (2011年1月31日 16:39)

上利さん、伐採の感動が伝わって来ましたよ!

夏、榊原さんに連れて行って頂いた時も、天竜の森は神秘的なほど青々として奥深く、時間軸と空間軸の両方から”自然の循環”というものに想いをはせた記憶が蘇りました。

郷土の山が百年かけて育んだ樹木が、やがてその木と出会った家族の皆さんを包む家の柱になり、
世代と超えて大切に住み継がれていくと思うと、本当に感慨深いですね!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 木の命を頂くこと 天竜 新月の伐採 与作ツアー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/151

< 長老を囲む会 第二章 里山とのつながりに心を開くお茶会  |  一覧へ戻る  |  「木暮人倶楽部」(こぐれびとクラブ) >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー