ブログ

<  木の話を聴くお茶会第二話 報告その1  |  一覧へ戻る  |  長老を囲む会 第二章 里山とのつながりに心を開くお茶会 >

大沢昌介と父三之助展 建築と絵に興味のある方必見!

 

SKMBT_C20310121110010.jpg

 

日頃お世話になっている、建築家の大沢悟郎さんと、叔父さまとおじいさまである、
「大沢昌介と父三之助展」・練馬区立美術館 12月23日迄に行ってきました。

この企画、もともと画家の大沢昌介さんをテーマにしようとしたそうですが、
学芸員の方が調査を進めていくにつれ、そのお父様の大沢三之助さんという方のすばらしさが
わかってきてこのような企画になったそうです。

大沢三之助(1867~1945)さんは、東京帝国大学にて辰野金吾の教えをうけ、日本の建築界の基礎作り
そして東京芸術大学の建築科を立ち上げた方です。

画家を志したこともある、大沢三之助さんの建築設計図や水彩画は、その美しさと丁寧な仕事には心打た
れます。
 

人を大切にした三之助さんのお人柄、

また家族で作り続けたという、家族雑誌「GOODHOPE」や、紙映画など、家族の絆や、パソコンや携帯電話が無い時代の、手作りの創造する力には、ため息が出ます。

便利という無能な時代から、不便という創造性のある時代への回帰を考えさせられました。

カテゴリ:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大沢昌介と父三之助展 建築と絵に興味のある方必見!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/149

<  木の話を聴くお茶会第二話 報告その1  |  一覧へ戻る  |  長老を囲む会 第二章 里山とのつながりに心を開くお茶会 >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー