ブログ

< 木の話を聴くお茶会 第二話のおしらせ  |  一覧へ戻る  |  木の話を聴くお茶会 第二話 受付を終了いたしました >

最古の木材と勧進

 元興寺.jpg

1300年前の日本最古の木材を使っている奈良の元興寺の屋根裏を見学しました。
いまだ現役で建物を支え、また補修を重ね、不要になった古材は、「勧進」と言って、補修に協力した各地の寺に贈られ、形を変えいまだ役目を果たしているそうです。

 

小川酒店.jpg

 

門前の小川酒店さんは、奈良の文化材に指定される、大正時代に立てられた建物。築年数を尋ねると、「まだ80年です。」とあっさり答えられた。4~50年で建て替えが必要な現代建築とは一線を画す、継続と循環の建築文化が、この地には息づいています。

カテゴリ:

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 最古の木材と勧進

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.reformlab.jp/tkn/mt-tb.cgi/146

< 木の話を聴くお茶会 第二話のおしらせ  |  一覧へ戻る  |  木の話を聴くお茶会 第二話 受付を終了いたしました >

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー