ブログ

虫たちのシーズン JOGA 曳地さんの虫と一緒に庭づくりを実践中

 

 

てんとう虫.JPG

 

若葉の季節が一段落すると、虫たちのシーズン到来です。
昨年JOGAのオーガニックガーデニングで教えていただいたことが、役に立つなぁ。っと感じるこの頃。
写真のちょっとグロテスクな要望は、フェンネルに大発生したてんとう虫の幼虫です。
知らなければ、無条件につまんでしまいそうですが、大切にしないと。

  

 

 

アブラ虫.JPG

冬の間、鍋やお味噌汁の具として楽しませてもらった春菊も、種をとる為にそのまま
にしておいた花の茎には、びっしりと、赤いアブラムシ。
うーん、キモイ。でもてんとう虫たちの大事な食料になるので、そのままにしておきましょう

 ミツバチ.JPG

写真は、フランネルフラワー。

1月に冬の寄せ植えとして楽しませてくれましたが、半年たった今でも、まだまだ花
を楽しませてくれています。オーストラリア産すごいなぁ。
蜂もこの花が好きなようです。

キャットミントや、花をつけたハーブにも、ミツバがも沢山寄ってきてくれています。

毎年バラのつぼみを食べられていた、にっくきバラゾウムシには、バラ界のファーブル
先生、Dr、真島先生のごきぶりホイホイが進化した、バラの虫ホイホイが大活躍です。

今時一番いやな椿につくチャドクガも、今年は春先に卵を見つけて駆除しておいたので、
今年の被害は、最小限にとどまりました。
土の中にいるみみずや、ダンゴ虫もどんどん土を作ってくれています。

今まで無造作に使っていた殺虫剤。
出来るだけ使わないように、
虫たちに感謝です。

 

 

 

玄関ニッチを珪藻土で

 

ニッチ.jpg

 

 

 ご両親から受け継いだお住まいを大切にするお施主さまの改修のご紹介です。
 

筋交いとスィッチの間の小さな空間を利用して、玄関の壁にニッチを作りました。

いつもお願いしている珪藻土の職人のゆきちゃんと、藤元くんが今回も、すばらしい仕事をしてくれました。
小さな空間ですが、無垢の杉のカウンターと、お客さまと相談しながら決めた珪藻土のメリハリのある文様が、さりげなくも存在感のある場所になりました。
 

お客さまをお迎えする素敵な空間として、これから活躍してくれますように!


 

 

ニッチ縦.jpg

ガーデンワーク スパイラルガーデン

 

   spg.JPG 

    
  

 

cocky.JPG

 今週末も自由大学の則子さん綾ちゃん 、良子ちゃんの3人で、ガーデンワークをしました。

私は、その前の日が引き渡しだったので、抜け殻状態・・・
3人が率先し、手をつけられなかったガラ置き場をスパイラルガーデンにしていただきました。感謝!!!

我が家の庭は、農薬などはない健康な庭ではありますが、一方何度も改築を繰り返した結果、一部は掘り返すと、建築残材のガラが一杯です。
一杯でてきたガラの山を生かして、水はけ・乾燥を好むハーブを中心に、ハーブガーデンにしようと思います。

ティータイムは、ほぼ毎日スィーツを手作りしているという則子さんお手製の、ローズマリーフォカッチャと、ジンジャーハニーのクッキーを頂きました。卵やバターを使わず、良質でシンプルな素材で丁寧に作られたPurimo Sweetsたちは、体に染み込む美味しさでした。

オーガニックやサスティナブル、スローなライフスタイルを目指す皆との、おしゃべりは時間がいくらあっても足りないほどのすてきな時間でした。

 

ユキノシタのてんぷら。どくだみの化粧水。
オーガニックエコの知恵はまだまだ一杯あるようです。

 

 

 

 

« 2010年5月 | メインページ | アーカイブ | 2010年7月 »

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー