木と職人のはなし

工業化と職人の仕事 プレカットのこと

craftsman6_1.jpg

機械と職人の仕事。

どちらが良いかという択一の議論ではなく、賢明な適材適所という選択肢はいかがでしょうか。

住いの構造材は予算や工期の点から、工場でプレカットをすることが主流となっていますが、プレカット業者さんは様々です。

大切なすまいづくりを、良いかどうかわからないという、運に任せることはできません。

信頼できるプレカット工場を選択の上、職人の手仕事と融合させることを、私たちの仕様としました。

本物の大工は、よく「木と対話する」といいます。

それぞれの木の芯の位置や木目、将来的な木の曲がりや反りを見て、どの部位に、どのように使うかを考えるのです。

時間とコストに追われ、大工の継承が途絶えてしまっている今、木の天地や目、使う場所もを考えるということがなくなり、ただ機械的に右から左に並べているという現実があることは、大変残念なことです。

コストを圧縮しようと手間を惜しみ、仕事を知らないヒトの手で作られるプレカットの家と、経験を積んだ職人によるプレカットの家では出来は全く異なります。

かつては、棟梁・大工といえば誰からも尊敬される、あこがれの職業であったそうですが、今や絶滅危惧種となっているのが現実です。

幸い、私たちの大工職人達は、何代も続く先代の職人の技術を引き継ぎながら、納得いく仕事をする為にお客さまと向き合っています。

信頼できる適切なプレカット。そして職人の仕事を適材適所に配する。これが私たちの基本の選択肢です。

見るヒトが驚き、関心する仕事を当たり前の事としながら、コストと品質のバランスを考えた、適材適所の選択をご提案します。

もちろん、昔ながらの

腕の良い職人に委ねたい。
吟味した材料を使い、金物に頼らず、手刻みの本物の木組みの家にしたい。

というご要望があれば、その期待にお応えできる、大工職人たちがお待ちしております。

PAGE TOP

天然国産材のオーガニックエコな家つくり

地域に生きる一員として、地域環境に調和し、安全・安心・快適で、自然と共生する持続可能な循環型の家つくりを目指します。

  • コンタクト
  • 電話によるお問い合わせ
ギャラリー
サブパーツ : バナー